82歳のおじいちゃんはLINEスタンプクリエイター♪

82歳のクリエイターが誕生♪

スマートフォンなどで大人気のアプリ「LINE」。
LINEは、スタンプを使って感情をいち早く送ることができるコミニュケーションツールなのですが、そのスタンプの原画を特別養護老人ホームに入居される82歳のおじいちゃんが描いたそうです。

絵柄を元に自作販売したスタンプ「ウザいのでとりあえず逃げ太郎」がこちら。

38784_sKkNMfHweL

【外部リンク】ウザいのでとりあえず逃げ太郎 – LINE クリエイターズスタンプ
https://store.line.me/stickershop/product/1080417/ja

原案を描かれたのは福井県の藤井さん。

耳が遠く足も不自由なことから、デイサービスセンターに通い始めたのがきっかけでした。
手の震えもあって細かい作業が苦手でしたが、リハビリを兼ねて塗り絵に挑戦するうち、次第に作画にも挑戦するように。
お世辞にも上手いとは言い難かったのですが、それがかえって味があると職員や家族に好評で、やがて絵を描くのがライフワークとなりました。

そんなある日、病院で待っている間に目にした「非常口のマーク」を家で描いたところ、急いで走っているようには見えない妙な体のくねらせ方となり、家族も思わず笑ってしまいました。
そこで、そーっと退散しているようなこの微笑ましい絵をスタンプ化することを思い立ちました。
原画を基に40種類もパターン化するのは大変な作業でしたが、小学生である孫たちの意見も取り入れながら、ちょっぴりおかしく愉快な動作を制作していきました。

ご家族の優しい想いと協力の元、1年ががりで発売になったそうです。

障害が進み、今では特別養護老人ホームに入所しているそうですが、販売で売り上げたお金で「一日中描いている塗り絵が思い存分できるよう、60色の色鉛筆セットを買ってあげたい」と家族で話し合っているそう。

【外部リンク】
藤井さんのプレスリリース
https://www.value-press.com/pressrelease/135346

(プレスリリースより)

なんとも素敵なお話ですよね。おじいちゃんのやる気に、家族の思いやりから生まれたスタンプ。ぜひ使ってみたいですね。

こちゆかでは「秋に関するエピソード」待っています!
もちろん、通常の愉快な介護エピソードも継続募集中ですので、こちらもぜひお寄せくださいませ♪

情報募集!(投稿フォーム)
http://kochiyuka.com/?page_id=90