故人を偲ぶ色は、自由でいい

482238_445119375563958_471576771_n

※写真はイメージです。

ピンクと白の花を基調の祭壇

1904年生まれ、茶寿の祝いを前に亡くなった大往生の祖母。

彼女の祭壇は、ピンクと白の花を基調にしました。

香典返しの品の一部も紅白の色味、遺影もピンクのサマーセーター姿。

参列者が「私(の葬儀の時)もこうしたい」と言ってくださった。

故人を偲ぶ色は、自由でいいんです。

 

ペンネーム:武井さん(全国社会福祉協議会所属)

投稿有難うございました。きっとピンクと白の花が似合うお祖母様だったのでしょうね。素敵なエピソードをありがとうございました!

コチユカでは、ポジティブな出来事や、介護社会を楽しくするようなアイデアを募集してます!

投稿ページはこちらです。