100人の介護専門家より1000人の介護経験者を作る「ミライ塾」

ミライ塾

「100人の介護専門家より1000人の介護経験者を作る」をコンセプトに「ミライ塾」というすごいシステムが動き出します!

「ミライ塾」とは?

経済的な理由から進学できない学生に「奨学金」を提供する代わりに「介護現場」で働きながら学生生活を送っていただき、学生の進学という夢と介護の人材確保の二つのニーズをつなげて満たすウインウインな制度デス!

「ミライ塾」のメリットは?

ミライ塾は学生にも介護現場にも数多くのメリットがあるんです!

【学生のメリット】

1、初年度の授業料と入学金の借り入れができマス !
※2年目以降は学生支援機構の奨学金の併用により授業料等を確保することができマス。

2、借り入れた学費等については在学中の4年間に返し切ることもできマス!
※自分の希望する働き方に応じてプログラムを組むので、無理なく自分にあった働き方ができマス!

3、事前に初任者研修を受ける等、介護の基本を学んだり、働くことの意味をしっかり学んでから仕事に就くので安心して介護現場での仕事に取り組めマス!

4、卒業時に最高30万円の卒業祝い金を受け取ることができマス!

5、介護業界の知られざるスキル「世代間コミュニケーション能力」「チーム力」「クリエイティブ力」を身につけることができ、将来的に普遍的にあらゆる場面で活かせマス!
※今、あらゆる業界で介護経験や介護の知識が求められ始めております。

【介護現場のメリット】

1、慢性的な人材不足解消の一助トなりマス!

2、就学期間(2~4年)の期間やめにくい人材を確保することで、採用コスト等のコスト削減につながりマス!

3、塾生が卒業後に、事業所に残れば即戦力の確保につながり、介護経験を活かして他業界で活躍することで介護業界全体のイメージアップにつながりマス!

「ミライ塾」のサポート体制は?

上記のメリットに加えて、ミライ塾では不安を解消する次のようなサポートも用意されています!

1、学生と事業者との間に入り、生活や介護現場での相談、専門家のメンタルケア等を行いマス!

2、初任者研修と定期研修等により、社会人としての成長をサポートします。

3、ご希望者には、住まい探しもお手伝いしマス!

ミライ塾の第一期トライアル生の佐々木君は

「仕事と学業の両立は、慣れるまで大変だったけど、将来やりたいことにも勉強になってます!」

と 介護現場で感じたことを将来目指しているSE(システムエンジニア)として何が出来るかを模索中デス!素直で芯のある学生さんですね!

ミライ塾1期生_佐々木君

ミライ塾の第1期トライアル生_佐々木くん

100人の介護専門家より1000人の介護経験者を作る!

ミライ塾を運営するのは「株式会社 介護コネクション」。代表取締役の奥平幹也さんは、日本の介護の仕組みに何か出来ないかと考え、介護業界が抱える人材不足の解消について自分の経験から何かできるかもしれない!と考え「新聞奨学生」の仕組みを応用した「ミライ塾」をスタートさせたとのことです。

介護職のWEBマガジン「けあZine」のインタビューでは

介護経験があり、そういった視点を持った人が増えていけば、社会全体の流れも変わってくる気がします。だから「介護の専門家を100人作るのではなく、経験者を1000人作ったほうが高齢化社会は支えられる」。これが私のポリシーです。

と話されています。

この仕組みが全国に広がれば、日本のミライは確実に明るくなりますよね。大学のある地域の皆さん!ミライ塾のシステムを取り入れててみませんか?詳細は以下WEBサイトをご確認ください。

「ミライ塾」WEBサイト(介護本舗)
http://www.kaigo-honpo.jp/kiji-list.html&id=15

 

株式会社 介護コネクション奥平幹也さんのインタビュー記事はコチラ

介護職のWEBマガジン「けあZine」
『ミライ塾』インタビューvol.1−介護の人手不足を補う新しいしくみは、新聞奨学生の経験から生まれた
http://www.caretomo.com/carezine/article/45/222/article.html