工夫がいっぱい!シニア向け自転車がいい感じ!

車の免許は返したけど、やっぱりちょっと不便。せめて、自転車に乗りたいけど、今さら自転車は不安だなぁという高齢者が増えているそうです。確かに長く乗っていないと、自転車ってハンドルがふらついたり、ペダルが重かったりして、ちょっと乗るのを躊躇してしまいますよね。

でも、最近シルバー世代の方が、すごーくおしゃれな自転車に乗っていてびっくりしました。聞くと、《シニア特化自転車》なんだそうです。

高齢者向きの工夫がいっぱい

 

シニア特化自転車の名前は「cogelu(こげーる)」。なんと、介護予防の観点から作られたシニア向け自転車なのだそうです!

車体のあちこちに、高齢者の声を活かした快適な工夫がいっぱいですよ。たとえば……

工夫1

フレームを限界まで下げてあるのでまたぎやすい。またぐ部分にステップが付いているので、乗り降りがとってもラクにできます。

工夫2

ペダルの重さは3段階の変速ギアで調節できるので、負担が少なくらくらく走れます。大きな日本語も見やすいですね。

工夫3

腰当ての付いたサドルは疲れにくくて安心。

タイヤは普通のママチャリよりも太く、車体は普通の自転車より少し重めの22キロ。これで重心が低く、しっかりした安定感があります。

工夫4

停車時のハンドルふらつき防止機能クルピタが自慢。駐輪場へ出し入れする際のハンドルのふらつきをなくし、入れやすくなります。

他にも、常時点灯ライトと軽〜く自転車を立てることができるスタンド、ちょっとしたお買い物に便利な大型カゴ、盗難されにくい鍵、錆びにくいチェーンなどなど、本当にいいですね。

とても乗り心地が良さそう!これなら安心して高齢者もチャリライフを満喫できますよね。敬老の日のプレゼントに贈る人が増えてきているというのも、納得です。免許返納祝いにプレゼントしても良さそうですね!

【外部リンク】
SAGISAKA
「シニア向けサイクル cogelu (こげーる)」
https://www.sagisaka.co.jp/cogelu/index.html