デイサービス利用者の男性からまさかのチップをいただいた話

デイサービスは本当に色々な方が利用されていて、それぞれ生きて来られた歴史があります。私が勤務しているデイでは、男性が少なく女性がほとんどの中、とても明るくて社交的、昔は町内会長や学校の役員などでご活躍されてた男性が利用されています。

その方は戦争で片腕を無くされていましたが、素敵な奥様もいらっしゃいましたが、デイでは大人気♡ 女子【67歳〜95歳】が、次から次へと寄ってきます。

そんなある時、

男性利用者さん「みんなぁ、今日はいつも世話になりゆうき、チップじゃ!」

と、内ポケットから、諭吉さまが何枚もピラピラ。私は少し慌てましたが、ここは様子を見守ることに。(後でちゃんと、お金は受け取れない旨の説明をさせてもらい、お返しさせて頂いてます)

男性利用者さん「いつもありがとう!」

と、景気良く諭吉さまが1枚〜2枚〜3枚〜4枚〜。職員にも次から次へ手渡していました。そんな中、次は私の番ではありませんか!(後でお返しするとしても)こんな大金を景気良く頂くことなんて2度とないだろうと思い、なんかドキドキして声をかけられるのを待ってました(笑)

そしてついに来ました!私の番が!

男性利用者さん「あんたには、まっこと世話になりゆう。ありがとう。」

力強く手を握られ思わず涙がポロリ。。。その方と出会ってからの記憶を色々思い出し感動していた矢先、ポケットから顔を覗かせていたのは

ゆき…?

諭吉君?

えっ(*⁰▿⁰*)

あれっ?

ウソ。。。やだ。。。私には。。。

 

野口さん

 

千円札… (°▽°)まじかーーーーー!!! コントのような場面にズッコケてしまいました(笑)

で!ここで凄いのが、周りの利用者さんには9割認知症の方が多いんですが、この光景をみて大爆笑されたわけですよ!みんな笑いのツボが一緒だし、よく分かってらっしゃる(笑)

一万円札じゃなく、千円札が出て来た時のあの笑い声!いや〜2度と来ないあの爆笑の時間。介護の現場で出会えた最高に楽しい時間でした。