今年を笑いで締めくくる!落語と老いの講演会19日開催(大阪)

お笑い福祉士全国の会が12月19日(月)大阪のギャラリーよみうりで「笑いで老いを受け入れる」をテーマに落語や役立つ講演などを開催します。

(内容)

第一部 創作落語『親の老いを受け入れる』笑福亭學光

第二部 講演『老いに向かって』 浄土真宗本願寺派 久定山 慶徳寺住職 佐藤幸氏
      『平穏死とは』 医療法人裕和会理事長 長尾クリニック院長 長尾和宏氏
第三部 笑福亭學光×長尾和宏×佐藤幸 3氏による鼎談

これは興味津々です。

ところで、お笑い福祉士って何?

一瞬、そんな資格があったっけ?と思った方もいるはず。実はこれ、落語家の笑福亭學光さんが個人認定している資格なんです。

数々の福祉施設に笑いを届けるボランティア芸人の称号として2004年から認定を開始。シャレ半分で始めたという活動も、今は全国各地に広がり、約450人が賛同してこの資格を取得して活躍中だそうですよ。

 

この資格を持っていても、就職先は見つからないかもしれません。でも、お金より大切な豊かな生きがいが見つかります。

仕事のスキルアップにはならないかもしれませんが、笑顔あふれる毎日へと、人生のスキルアップを図ることができます。

ちょっと格好よく言うと、お笑い福祉士とは、
「笑いを求め 笑いを学び 笑いを生かす」人たちなのです。
                     お笑い福祉士全国の会HPより

 

楽しく笑えるって、とっても幸せなこと。興味のある方は、ぜひどうぞ!

落語と老い 〜笑いで老いを受け入れる〜

日時:2016年12月19日(月)
14:00〜16:00(受付開始13:00)
会場:ギャラリーよみうり
(大阪市北区野崎町5-9 読売新聞大阪本社地下1階)

参加費:1,000円

定員:180人です。お早めのお申込をお勧めします。

申し込み詳細は外部リンクをご確認ください。

【外部リンク】

お笑い福祉士全国の会
http://owaraifukushishi.jimdo.com/