上手に老いるにはどうしたらいいのか?

上手に老いるにはどうしたらいいのでしょうか?

難しい問題です。今日紹介する本「上手に老いるための自己点検ノート」にその答えがありそうです。

img986

 

本の内容は、自分の老後と介護に備えるための記入式のテキストになっています。エンディングノートにも似ていますが、こちらは、自分が介護される立場に立った「個人」として尊重してもらうための内容になっています。なので、本の中身は、誰もが関連した内容となっています。

老後も、いや今からこの先、自分らしさを失わずに、願いや希望を叶えるためにも事前に書いておくといいでしょうね。

この本の出版は、全国コミュニティライフサポートセンターだそうです。この団体は、高齢者や障害者、子どもなどが自立した生活を営むために必要な支援を実施する団体や、それらの団体のネットワーク組織を支援することで、「だれもが地域で普通に」暮らし続けることのできる地域社会の実現を目指しているそうです。

本はアマゾンでも買えますが、 コミュニティライフサポートセンターからも購入できるようなので、応援の意味も込めて、ぜひこちらからご購入ください。購入先のアドレス:http://www.clc-japan.com/books/detail/3992

 

目次はこちら

■はじめに
■マンガ ある日の夕食
~こうして、おばあちゃんの負の連鎖は断ち切られた
■本書の使い方

◎1部 人生を自己申告してみよう
1. 私の人生を申告します
2. もっと私のことを知ってください
◎2部 認知症になっても大丈夫!
1. 秀雄さんがぼけた
2. 地域包括支援センターに相談に行く
3. 病院(もの忘れ外来)に行く
4. 要介護認定を受け、福祉サービスを利用する
5. ご近所の力
6. 健康管理で認知症をフォロー
7. 上手に往生
◎3部 元気に老いるために私のからだをチェック
健康寿命のための観察記録
1部・3部で紹介している表はすべて
全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)のホームページ
http://www.clc-japan.com/ からダウンロードできます。