認知症サポーター養成講座と伝えたい想い

ターミナルケアとしての福祉用具」、「福祉用具専門相談員の想い。」のいまはるさんから投稿が届きましたのでご紹介します。


私は今、全国的に広まっている「認知症サポーター養成講座」の講師をキャラバンメイトとして行っています。

今日も、地域の皆さまに向けての講座をさせて頂き、本当に皆さまの認知症への意識の高さを実感します。

現在、認知症サポーターは全国で約750万人に達しています。

私は、講座の最後に、

「私は、福祉用具専門相談員として福祉用具に想いを込めて出します。皆さん個々出来ること、出来る範囲は違うけれど、想いを持って認知症の方に接して頂けたら嬉しいです。」

とお伝えします。

昔は、痴呆や呆けと言われてきた言葉が、認知症という言葉に変わってきたように、次は、認知症の方に対する対応や支援が変わっていけばと思います。

一人のキャラバンメイトが伝えられることには限界もありますが、想いを持ってさえいれば、講座を聞きに来て下さった方の一人、二人と伝わっていくのではないかと思います。

まだまだこれからも、認知症サポーター養成講座などの外部に向けての発信で、認知症の理解を深めていけたらと思っています!

 

ペンネーム:いまはるさん(高齢者専門住環境コーディネーター)


いまはるさんの活動、そして届けようとする想いをご紹介いただきありがとうございます。いま全国で認知症サポーターキャラバンの取り組みが広がっていますね。もっと多くの人に広がっていきますように。都道府県の自治体連絡先がわかるHPがありました。「認知症サポーター養成講座」の受講を希望される方は下記HPをご覧ください。

【外部リンク】認知症サポーターキャラバン 自治体事務局連絡先
http://www.caravanmate.com/office/

皆様からの投稿もお待ちしております。
【投稿ページ】http://kochiyuka.com/?page_id=90