認知症患者との会話テクニック「こちらが聞きたいことも聞く」

イケてるヘルプマン募集

以前ご紹介した「認知症の模範解答は疲れるから、私は5回で指摘する。」を見たコチユカ特派員の大河内さんが、認知症患者とストレスなく話ができる会話テクニックを教えてくれましたのでご紹介です!

「こちらが聞きたいこと」も聞く

そもそも認知症患者との会話でなぜストレスが溜まるかというと、「相手が話したいこと」と「こちらが聞きたいこと」がズレているから。なので「あ、同じ話だな」と思ったら、その話を受容しつつも話をずらしていき、こっちの聞きたいことも聞いてみるようにすれば面白いですよ。

どんな質問をすれば楽しくなるか

会話の比率でいえば、相手の話8に対して、こちらの話2くらい(8:2)。その2(こちらの話)の部分で、どんな質問をすれば楽しくなるかを考えながら話をすると楽しくなってくると思いますよ(^^)

相手の話を受容するのは大前提として、そこから少しずつ「聞きたいこと」を入れて、何を聞けば面白いかな?と考えながら会話してみる。なるほど納得です!大河内さん、お役立ち情報ありがとうございました\(^O^)/