地域住民による低コスト送迎サービス「あいあい自動車」スタート(三重県)

三重県菰野町(こものちょう)で「あいあい自動車」という住民による送迎サービスの実証実験がはじまりました!これが広がれば高齢者の生活がとても豊かになりそうなサービスです。

「あいあい自動車」はこんなサービス

あいあい自動車は、リクルートホールディングスの新規事業立案制度「Recruit Ventures」が立ち上げた、運転できず移動に困っている高齢者と、車の維持費に困っている運転者を繋いで、持続可能で低コストな地域間移動を実現する新しいサービスです。

あいあい自動車

画像:あいあい自動車WEBサイトより

まず、運転できない高齢者たちが共同で少しずつ費用負担して車をレンタル。運転できる方はその車を自由に使うことができるかわりに、運転できない高齢者から希望があれば送迎する。

その送迎希望は各人に配布したタブレット端末を使って行い、高齢者はタクシーの1/3程の費用負担で、運転者は高齢者を乗せた時間に応じて車を自由に使うことができるという仕組み。

また、運転者の都合が合わない場合は、高齢者同士でタクシーを相乗りできる機能もついており、タクシー活用も応援する形になっています。

高齢者の豊かさを支える仕組み

バスはバス停までの移動が大変だし、タクシーだと負担額が大きすぎて頻繁には利用できない。車を運転できなくなった高齢者が求めているのは「経済的負担の少ないDoor to Door」の運送だ!というコンセプトから生まれたのが本サービス。

また、そんな困ってる人を支えるサービスであることに加え、地域の気心が知れた住民に送迎してもらえるなら、本当は我慢していた「遊び」の利用も増やせて、豊かさが向上すると感じさせるサービスです。

実際の利用者の声でも

普段あまり行かないようなお店でも、「あいあい自動車」を利用して行ってみようかなとなります。行く回数が増えました。(70代・女性)

といった話が紹介されていました。

実証実験でいい結果がでて、この仕組みが全国に広まっていけばいいですね!WEBサイトでは、自治体への導入希望の呼びかけもしていますので、ぜひご覧ください。

【外部リンク】
あいあい自動車
https://aiaicar.jp/