リハビリの先生が人生の先生から歌をもらって泣いた話

久しぶりにジジの書いた歌に感動し、泣いてしまいましたので投稿します。年のせいか涙もろいです。

わたしは施設では先生と呼ばれています。看護師でリハビリをしているから先生ね。わたしの担当はリハビリとレクや体操。楽しんでいただくことが仕事です。

でも、先に生きるとかいて、先生。入居者のほうが生きるお手本であり、先生なんです。しかもその方は現役中は教職員でした。わたしの教育勅語の話や国防の話にも耳を傾けてくださいます。いたらないこともあるでしょうが黙って耳を傾けてくださいます。

画像はそんな入居者が筆をとり1歌詠んでくださったものです。非常に励みになりクシャクシャな顔で泣いてしまいました。初めてお年寄りのまえで泣いてしまいました。昼からも頑張れそうです。

投稿者:ときちゃん(時久和之さん)

じじの歌
気持ちを歌にしていただけるなんてグッときますね。この仕事をやっててよかった!と思える瞬間だと感じます。ときちゃんさん、素敵なご投稿ありがとうございました\(^O^)/

 

こちら愉快護情報局へのご投稿はコチラ
http://kochiyuka.com/?page_id=90