考えすぎないで!コチユカの投稿は「ありのまま」がいいんです

こちら愉快護情報局(コチユカ!)では、介護・高齢社会のネガティブ一辺倒の情報を愉快に塗り替えるために、読者の皆さまから「愉快な介護エピソード」や「元気なお年寄り情報」などを大募集しています!

ただ、現時点では投稿に波があり、まだ十分な投稿が集まっていない状況にあります。

直接話を聞けばみんな話題を持っている

しかしながら「投稿が集まらない=ポジティブなエピソードが少ない」ということでは決してありません!その証拠に、介護を仕事にしている人、地域のお年寄りに接する機会が多い人などに話を聞くと、面白いエピソードがどんどん出てくるんです!

「その話とっても面白いからぜひコチユカに投稿してください!」

とお願いすると「いいよ〜」と言ってもらえますが、実際に投稿してもらうには至らず、もう少し工夫が必要だと感じています。

解決策として考えている3つのこと

そんな経験を踏まえて、コチユカに面白いエピソードを集める方法は大きく3つだと感じるようになりました。

その1「ありのままを投稿してもらう」

WEBサイトへの投稿、となると「下手な文章は載せられない!」「こんなくだらない内容はダメでしょ〜」と構えてしまう方が多いように感じています。面白いエピソードがあっても、うまく文章にできなかったり、内容を吟味しすぎたりで、結局投稿をやめてしまうという感じです。

でも大丈夫なんです!その「くだらない」と思う内容こそが皆を明るくするんです!文章をまとめる部分もコチユカ局員が引き受けます!いただいた投稿は読みやすく編集して掲載します!

ですので、おもしろいエピソードに出会ったら、ぜひそれを、ありのまま・思うがままに書いて投稿してください!3行程度の短い文章でOKです!投稿は匿名でOKです!

ぜひ気軽な気持ちでご投稿ください\(^O^)/

【コチユカ投稿フォーム】
http://kochiyuka.com/?page_id=90

その2「FacebookやLINEをもっと活用する」

「投稿フォームってやり方がよくわからない」「やってみたけど書いた文章が消えてしまった」そんな話もチラホラ聞きます。実際はフォームにある項目通りに記入して「投稿する」を押せば簡単に投稿できますが、慣れてない方なら確かにうまくできないこともあると思います。

そこで、普段使い慣れているFacebookやLINEなどをもっと活用すべきかなと考えています。例えば、コチユカのFacebookページにエピソードを書き込んでもらえれば、それを投稿としてサイトに掲載する、という感じです。

【コチユカFacebookページ】
https://www.facebook.com/kochiyuka.kaigo/

LINEもコチユカでアカウントをとることができますので(まだ未作成)作成してお知らせすれば、気軽に投稿してもらえることができるかも?と思っています。これも近々試してみます!

その3「局員が代理投稿する」

これは裏技的な感じですが「直接聞いた話があれば、その場で掲載確認して局員が投稿する」これが一番早いですね。ただコチユカ局員は現在3名で、それぞれが別の仕事をしながらコチユカに関わっているため、現場に出向いて集めて回ることは難しい状況にあります。

ですので、局員がうまく話を聞ければ、それはぜひ掲載させていただきますが、やはり全国各地にいらっしゃるコチユカ読者の皆さんからの投稿が大きな頼りとなります!

 

ということで、最後に改めてお願いです。こちら愉快護情報局(コチユカ!)では、介護・高齢社会のネガティブ一辺倒の情報を愉快に塗り替えるために、皆さまから「愉快な介護エピソード」や「元気なお年寄り情報」などを大募集しています!

以下の投稿フォームより、ぜひ情報をお寄せ下さい\(^O^)/

【コチユカ投稿フォーム】
http://kochiyuka.com/?page_id=90

投稿いただいた皆さまを「コチユカ特派員」に(勝手に)任命し、その証しとして「オリジナル特派員バッジ」をお届けします。全部で5種類ありますので、複数回投稿いただければ、その都度違う種類のバッジを送付させていただきます。ぜひコンプリートを目指してください\(^O^)/

jin